茶豆和菓子の、心が疲れちゃったご報告




茶豆和菓子の おは・きな・ずん!

はっじまっるよ~!


スポンサーリンク
↑ネットショップSUZURIにて↑
「まぼろし国」グッズ販売中!


みんな~!

まぼおっは~!

(まぼろし国での挨拶です)


このところ色々あって、

ブログをお休みしてしまい、申し訳ありません。


じつは、いまの茶豆は、

以前ご紹介した

双方向バリアフリーの話 を書くにあたって、

心身ともに、とても

疲れてしまっている状態でして・・・



あのお話の中でも書きましたが、

じつは茶豆には、闘病中の、

生まれてから15歳くらいまでの

記憶がありません。


なので、

今の私が皆さんにお話ししているのは

繰り返し母に話してもらうことで、

まるで自分の記憶のように作り上げた、

いわば後付けの、

インストールした記憶なのです。


(ちょっとSFみたいでしょ?(笑))


つまり、

そうした自分自身の記憶がないなかで、

学校に行ったり病院に行ったり、

テストを受けたりという

日常を生きていたのです。

自分でも

「記憶がないのに
 どうやっていたんだろう?」

と不思議なのですが、

その当時、そのときに

友達と話したり、授業を受けたり

入院したりしていても、そうしたことは

ことごとく、記憶にないのです。

本当に、どうやって生きていたんでしょう?



でも、

いくらインストールした記憶とはいえ、

痛かったこと、苦しかった感覚、

いじめられたことなど、

感情が激しく動いたことは、

脳の中にしまわれているものです。


今回茶豆は、

双方向バリアフリーを書き上げるために、

改めて母から話を聞きながら、

脳の中にしまわれている、その怒涛の

闘病生活の内容や感情をたどり、確認し、

追体験しなければなりませんでした。


また、

双方向バリアフリーという主義主張が

今の私の中にあっても、


そこにたどり着くまでに
どんな経験をしてきたのか。

どうしてそのテーマに行きついたのか。


そういう経緯も自分自身の記憶としては、

まったく覚えていないなかで、

記憶や感情をたどらなければなりませんでした。


それでなんだか心が

とっても疲れちゃったんです・・・

(*´Д`)


なので、しばらくのあいだ

ブログはお休みさせていただいて、

心と体の休養に努めたいと思います。

心が元気になったら

また書こうと思いますので、

それまで少々お待ちくださいませ!



応援してくださっている皆さまには、

『まぼおは』の漫画や

youtubeの「まぼチャン」をとおして、

また紙芝居・講演活動などのイベントで

お会いできることを楽しみに、

これからも頑張っていこうと思います!



ちなみに、今まで書いてきたブログは

これまでどおり、ご覧いただけます。

また、『まぼおは』『まぼチャン』は

引き続き更新し、SNSでも

拡散していきますので、ぜひお楽しみに!








03.おは_つかれた.png



それでは今回はこのへんで。

(*´ω`*) またね~


・メールフォームでの お問い合わせは
コチラのページからお気軽にどうぞ


・『新甘味!

連続長編4コマ漫画・まぼおは

~おはぎちゃん

 まぼろしのおはぎ集会のまき~』に

遊びにきてね!

(「まぼおは」は、だれでも無料で

読むことができます)

↓ クリック! ↓

きゅぴーん.png


・デザインTシャツ販売サイト
Tシャツトリニティにて
「まぼろし国」オリジナルデザインの
かわいいTシャツ販売中!



・茶豆のTwitter


・茶豆のInstagram
instagram-glyph-1.png


この記事へのコメント

スポンサーリンク

ラベルリスト