インフルエンザの予防接種でアナフィラキシーショックになった茶豆!?



茶豆和菓子の おは・きな・ずん!

はっじまっるよ~!



スポンサーリンク



こんにちは!


師走ですね!

12月の訪れとともに 例のアレ

ついに流行りはじめてしまいましたね。


そう、インフルエンザです・・・!



(;´Д`)インフルこわいよ~!



厚労省の発表によると、今年の流行は

例年に比べて やや早いそうで、

11月末までの時点での

都道府県別の統計では

沖縄県での感染者数が最も多く、

九州や四国などが続くそうです。



あったかい南国のイメージがある沖縄で

感染が多く見られるだなんて

なんだか意外ですが、

インフルエンザなどのウイルスは

環境に適応したり、ワクチンが効かないタイプに

進化したりしますから、

地域や場所にかかわらず

気をつけなきゃいけないってことなんですね。



まぁ、そうはいっても、

今のうちに 予防接種を受けておけば

免疫ができて、体の中にウイルスが入っても

やっつけてくれるから、ひと安心ですよね!



ところが、予防接種は

受けさえすれば誰もが安心かというと

そうでもないのです。



そう、気をつけなければいけないのが、

アナフィラキシーショックです



以前、ヒアリの話のときに

ヒアリにかまれると アナフィラキシー症状が

出ることがあると書きましたが、

虫毒だけでなく、ウイルスや食材など、

体内に入ったものから体を守ろうとして

激しいアレルギー反応が出ることがあるのです。



なかでも とくに重症だったり

命にかかわるほど激しい症状のことを

アナフィラキシーショックといいます。



・・・。



じつは 茶豆、

なっちゃったことがあるんです。

アナフィラキシーショック。



あれは 忘れもしない、中学受験の冬でした。


未熟児で生まれてから ずっと

入退院を繰り返していた茶豆でしたが、

6年生になって 入院することもなくなり、

だいぶ状態が落ち着いてきていたこともあって、

受験に万全を期すために、人生で初めて

インフルの予防接種を受けました。


すると、病院から帰る車中で みるみるうちに

体中に 赤い火傷のような、

火ぶくれのような斑点が現れ、

高熱が出はじめたのです。


もう、目は回るわ、しゃべれないわ・・・


母は慌てて、いま来た道をひき返しました。




診断はアナフィラキシーショックで、

かなり危険な状態でした。


それまで受けた注射等では

なにも問題がなかったので、

母も主治医の先生も、とても驚きました。


とくに 顔にできた斑点はひどく、

何年たってもずっと残り、

熱くて 痛痒くて困りました。




インフルエンザの予防接種で

アナフィラキシーショックになってしまう場合は、

たいていは 卵アレルギー

持っていることが多いのだそうですが、

茶豆は卵アレルギーではありません。



予防接種は ごく微量のウイルスを

体内に入れることで

次に またおなじ敵がやってきたときに

対抗できるような免疫を作る

ためのものだそうです。



でも、茶豆のように

もともと 体が弱い人は、

その模擬戦を

本当にウイルスに感染したのだと

かんちがいして アレルギー反応が出て、

アナフィラキシーショックに

なってしまうらしいです。



らしいんですけど、

アナフィラキシーショックって

結局 よくわからないけど

恐ろしいですね・・・

(;´Д`)



ハチなどの虫毒も、

2回刺されると危ないって

よく耳にしますよね。

それと同じで、茶豆は今後、

命に関わる危険性があるので、

2度とインフルの予防接種は

してはいけないそうです。


じゃあそのままインフルにかかるしかないの!?


(;^ω^)どーすりゃいいのさ



そうか!( ゚Д゚)!!

茶豆の場合、

予防接種じゃなくて、「予防」だぁ!

日々の予防しかない!

っていうことですネ・・・


インフル~!.png




今日のおは・きな・ずん、

いかがでしたか?


ウイルス予防といえば手洗い・うがいですが、

それ以外にも

素手で触ることが多い

スマホを清潔に保つことも

様々な病気の感染予防に

効果的なんですって!


最近は 気軽に持ち歩けるような

除菌グッズなどもあるので、

出先でも こまめに

手や 持ち物を除菌して

インフルエンザを予防したいと思います!



それでは今回はこのへんで!



(*´ω`*) またね~



・メールフォームでの お問い合わせは
コチラのページからお気軽にどうぞ


・『新甘味!

連続長編4コマ漫画・まぼおは

~おはぎちゃん

 まぼろしのおはぎ集会のまき~』に


遊びにきてね!


(「まぼおは」は、だれでも無料で

読むことができます)


↓ クリック! ↓

きゅぴーん.png




・茶豆のTwitter


・茶豆のInstagram
instagram-glyph-1.png


この記事へのコメント

スポンサーリンク

ラベルリスト