今年のお月見の月は、何千何万個目の名月!?



茶豆和菓子の おは・きな・ずん!

はっじまっるよ~!




スポンサーリンク


こんにちは!

今日は十五夜中秋の名月ですね。



お月見といえば

月見団子に~、ススキに~・・・


・・・あれ?


そういえば、

お月見って どうして

おだんごや ススキを飾るんでしょう。


「お供え」するってことは、神様?

それとも ご先祖様に対してでしょうか?


(;・ω・) あれ?


茶豆ってば、

お月見のこと、あんまり知らないかも!?


というわけで、

気になったのでさっそく調べてみました!



今では 一般に広く親しまれている

お月見ですが、

昔は やんごとない貴族が楽しむ

豪華なイベントでした。


唐時代の中国から伝わったと

いわれるお月見は、

平安時代の貴族たちの間で 大ブームになり、

池の水面に映る月を眺めたり、

杯のお酒に月を映して酌み交わしたりして、

詩歌や 管弦など、

夜通し宴を楽しんだそうです。




藤原道長も、

この世をば 我が世とぞ思ふ

望月(もちづき)の

欠けたることも なしと思へば


(この世界は まるで満月みたいに

欠けたところもなく

パーフェクトに まんまるで、

それが全部オレのものなんだぜ、イェ~イ!)



って、和歌に詠むくらいですもんね。

満月や、月を眺めることへの思いが

よく分かります。



また、昔、

日本が旧暦(太陰太陽暦)だったころ、

「秋」は 7月から9月の間でした。

十五夜というのは 旧暦の8月15日のことで、

ちょうど、の ほどであることから、

その時期の美しい月を

中秋の名月と呼ぶようになったそうです。



月の満ち欠けを基準にした暦で稲作をしていた

日本人にとって、

収穫の前後に当たるこの時期の月は、

豊穣を司る特別なものだったことから、

豊かな恵みに感謝して、

秋の作物の代表であるイモや

満月に見立てた団子などを

神様にお供えするようになり、

だんだんと 現代のお月見のスタイルに

変化していったそうです。


ちなみに十五夜に ススキをお供えするのは

ススキが神様が宿る植物で、

魔除けになるからともいわれています。



なるほど なるほど。

秋の恵みと月には、古くから深~いかかわりが

あったんですね。


茶豆もお月さまに感謝しながら

お月見しようと思います!

(*´ω`*) もぐもぐもぐもぐ



ところで、中秋の名月は、

必ずしも満月じゃないって、知ってましたか?


先ほどの旧暦の時代は、

新月から次の新月までを1か月として

約29日~30日のサイクルで

十五夜といえば満月をさしましたが、

現代の太陽暦では1か月の日数も異なります。


また、

月と地球の自転のズレや軌道の関係から、

実際には、

中秋の名月と満月であることは

必ずしもイコールではないってわけですね。



でもでも!

残念に思うことはありません!

今日の十五夜は満月ではありませんが、

お月見は、古からのステキな習わしです。


平安の昔に思いを馳せて、

薄雲越しの月を 風流に眺めるのも良し、

あさって 10月6日の満月を楽しむも良し。


みなさんも、秋の恵みをもぐもぐしながら、

お月見を楽しんでみてはいかがでしょうか。


20171004_お月見.png

まぼろし国で、
おようふくやさんの
おじいさんとおばあさんと
一緒に お月見~!





今日のおは・きな・ずん、

いかがでしたか?


唐からお月見が伝わってから

日本では1000年以上もの間、

毎年 秋に、名月を愛でて 祈りをささげる

ということを繰り返してきました。


捧げものがあってもなくても、

貴族でも平民でも、

見上げれば そこに月があり、茶豆たちは

美しい月に見守られてきたわけです。


遠く離れていても

さみしくても、疲れていても、

どこかで誰かが 同じ月を見ていると思えば、

なんだかとっても

穏やかな気持ちになりますよね。


1年に1回、

美しい月に想いを馳せて癒される。

お月見って、ステキですね~




それでは今回はこのへんで!


(*´ω`*) またね~


・メールフォームでの お問い合わせは
コチラのページからお気軽にどうぞ


・『新甘味!

連続長編4コマ漫画・まぼおは

~おはぎちゃん

 まぼろしのおはぎ集会のまき~』に


遊びにきてね!


(「まぼおは」は、だれでも無料で

読むことができます)


↓ クリック! ↓

きゅぴーん.png




・茶豆のTwitter


・茶豆のInstagram
instagram-glyph-1.png


この記事へのコメント

スポンサーリンク