梅雨明けしたけど水不足になるかもしれない!



茶豆和菓子の おは・きな・ずん!

はっじまっるよ~!




スポンサーリンク



こんにちは!

関東甲信や、東海、近畿、中国地方で

梅雨明けしたという発表がありましたね!


でも、豪雨災害のあった九州や四国では

梅雨明けの発表は見送りだそうです。


たいてい梅雨は 南から順に明けてくるのに、

九州や 四国をすっ飛ばして

関東が梅雨明けだなんて、

ヘンな感じですね~


ということは、とくに九州では

もう あんなに雨が降ったのに、

まだ降る可能性があるって

ことでしょうか!?


Σ(゚д゚lll)うそでしょ!?


先に梅雨が明けた関東では

むしろ あまり雨が降った感じが

しないくらいだったのに。


関東は 2年連続の少雨で、

平年の6割程度だったんですって。

この1か月の降水量も いつもの半分だそうです。


ダムの貯水量も、関東全体で見積もって

ギリギリ平年並みだそうですが、

今年の少雨や 貯水の少なさは

2004年の 大規模な取水制限のときと

同じくらい大変なのだそうです。

(・_・;)


東京や埼玉県に水を供給している

荒川水系では

貯水量が平年を大きく下回り、

もうすでに

10%の取水制限がかかっているのを

今後 さらに

20%に引き上げる方針みたいです。


人間が生きるためには 水が必要です。


関東のように

水が少ない 渇水(かっすい)のときには

神頼みみたいに

「台風が来るといいんですけどね」

って願うことも ありますよね。


人間って 勝手ですね。


ちょうど ダムのある所に

降ってくれればいいのに、

欲しいところには 降らなくて、

降るところには

これでもかというほど

ドバドバ降って・・・


ほんと バランス悪い感じです。


どうして こんなに

うまくいかないんでしょう・・・



梅雨はジメジメして カビが生えて

いやな時期ですが、

そこで 充分な雨が降らないと

暑い夏に使うぶんの水や、

秋の豊かな実りに影響が出てしまいます。


やはり人間には

水が 必要なのです。


その 大切な水のために

人間は 太古の昔から

知恵をしぼってきました。


灌漑(かんがい)をして

川の水位を 制御したり、

雨が降るたびに 雨水をためて

飲み水農業に使えるようにするために、

ダムや 貯水池を作りました。


「だから大丈夫」って、思っていました。


ところが 今回の九州では

そのダムが 決壊してしまったり

浄水施設が 土砂で埋まってしまって

日々の飲み水にも困るような状況

今も続いていて、

自衛隊の人たちが生活用水や飲用水のために

毎日10トン以上もの大量の水を

運んでくれているそうです。


ヒトは 水がなければ

生きていけません。


ジメジメしていやだと思っていた梅雨も、

茶豆たち人間に

必要な水を 供給してくれる


大切な季節なのです。


でも最近では

干上がるほど 雨が降らなかったり、

降れば ダムを壊すほど降ったりして、

本当にバランスが崩れていますよね。


こんなに 自然のリズムが

壊れて 初めて、

「あぁ、梅雨ってうっとうしいわね」

なんて思っていた

普通の梅雨が どれほど

ありがたいもので、

水が どれほど

大切なものだったのか

気づかされました。



日本は 水の豊かな国です。

「湯水のように」という例えが

あることからもわかるとおり、

日本では 蛇口をひねれば当たり前に

水が 出てきます。

もううんざりというほど

雨が降ったところも ありましたが、

まさに 湯水のようにあったはずの水が

ある日突然使えなくなることは やっぱり、

ものすごくツラいことですよね。



必要な水を 必要なぶん

いつでも 自由に

使うことができるって、

とても ありがたいことなのだ

考えさせられました。


茶豆も

水を ムダづかいしないように

気をつけます!

(;・・)ゞ ビシッ
20170720お水は大切だよね.png




今日のおは・きな・ずん、

いかがでしたか?


梅雨が 明けたはずなのに、

なんと 来週あたり、

再び梅雨前線が戻ってくるそうですが、

今度は ほどほどに降ってほしいものです。



それでは今回はこのへんで!


また明日~(^^)/


・メールフォームでの お問い合わせは
コチラのページからお気軽にどうぞ


・おはぎちゃんをクリックして、


『新甘味!

連続長編4コマ漫画・まぼおは

~おはぎちゃん

 まぼろしのおはぎ集会のまき~』に


遊びにきてね!↓

きゅぴーん.png



・茶豆のTwitter

・茶豆のInstagram
instagram-glyph-1.png


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

スポンサーリンク