ライチョウは特別天然記念物!上野動物園でヒナ誕生!



茶豆和菓子の おは・きな・ずん!

はっじまっるよ~!



スポンサーリンク


こんにちは!

上野動物園で、今度は

ライチョウのヒナ

孵化(ふか)しましたね!

しかも 3羽も~

(*´▽`*)


この3羽の経緯は

ちょっとややこしいのですが・・・




上野動物園は

環境省の取り組む

ライチョウ生息域外保全事業に参加し、

ライチョウの飼育に取り組んできました。

去年 2016年6月に

乗鞍岳(のりくらだけ)で採取した卵を

孵化させて成長した雌雄が

今年の5月からお見合いをして

卵が産まれました。

で、

その2個の卵を

孵卵器(ふらんき)で温めていました。

その途中から、

富山市ファミリーパークで産卵され

6月22日に上野動物園に移送された

3個の卵もいっしょに孵卵器で

温められていました。


つまり、合計で5個の卵を

温めていたのですが、

2個は結局

残念なことになってしまって、

今回 6月27日に

いっしょに孵化したので

「3羽」になったそうです。 


でも、3羽も生まれたなんて!

よかったですね~✨


まだ 性別は不明で、

体重は16~17.9グラムですって。

ちっちゃ~い!



ライチョウ(雷鳥)は

絶滅危惧種であり、

国の特別天然記念物です。


ちなみに学名(ラテン語名)は

ラゴプス・ムトゥス Lagopus Mutus

といい、

ラゴプスは ウサギの足、

ムトゥスは だんまり(静かな)という

意味なんですって!


ライチョウが

低い声でしか鳴かないことと、

足がふかふかの羽毛で

おおわれていることから

名づけられたのだそうです。


日本では古来から

雷除けや火災よけの鳥とも

言われていて、

古くは「らいの鳥」として

1200年頃の記録に記述がみられます。

天敵から身を守るために、

霧や雷雨のときに

あらわれるので雷鳥と書き、

山の使者、霊鳥
(レイチョウ、ライチョウ)として

信仰されたそうです。




上野動物園は

これからも遺伝的な多様性のために

上野動物園(東京)、富山市、長野県、

石川県、栃木県の計5施設で

卵を分けあって、ヒナを

かえしていく努力をしていくそうです。

20170630_ライチョウ.png




今日のおは・きな・ずん、

いかがでしたか?


ライチョウは 絶滅危惧種で

あんまり なじみのない鳥ですけど、

上野動物園の飼育員のみなさんの

情熱とがんばりのおかげで、

こうして

命がつながっていくんですね!


パンダといい、ライチョウといい、

上野はベビーブームで

おめでたいです~


(*´▽`*)



それでは今回はこのへんで!

また明日~(^^)/


・メールフォームでの お問い合わせは
コチラのページからお気軽にどうぞ


長編連続web漫画『まぼおは』
好評連載中!!
クリックして、ぜひ見てみてね!
↓ ↓ ↓        ↓ ↓ ↓

まぼおは宣伝_最新話リンク.png


・茶豆のTwitter


・茶豆のInstagram
instagram-glyph-1.png




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック