お問い合わせ

茶豆和菓子(ちゃまめ わかこ)って
こんなひと

プロフ.png


876gの未熟児で生まれる。
闘病の末 → 車イス生活。

幼少期の 体験の数々から
心理学に興味を持つ。

上智大学 心理学科に入学し、
発達心理(児童心理)を専攻。

在学前から興味のあった
アドラー心理学を追求し、

ストレスなく、
他者と調和しながら生きる
ことの重要性や

健常者と障害者が対等に
両方から思いあって
歩み寄ること大切さ
を考え、

双方向バリアフリー

という新たな概念を作り、
発信している。


小学校の頃に出版した絵本
「おはぎちゃん
まぼろしのおはぎ集会のまき」
の続編である


の創作活動を
大学2年のときから開始。

絵本のリメイク版である
の紙芝居公演も展開中。


絵本『おはぎちゃん』は
AmazoのPOD(プリントオンデマンド)にて
復刊、好評販売中!
2017年 大学卒業。

・SFC認定心理カウンセラー

下記のSNSや
メールフォームからお気軽に
お問い合わせくださいませ。

3.ショップロゴ_文字あり_背景ナシ.pngまぼろし国 掲示板3.ショップロゴ_文字あり_背景ナシ.png

・ハヤブサさん より

動画も見ました、活躍の場をどんどん広げて来ましたね、
ハヤブサも遠くから応援👊😄📢してますよ。


・ハヤブサさんへのお返事

ハヤブサさん、まぼおっは~!
(まぼろし国の挨拶です!)
いつも応援してくださって、ありがとうございます!
おかげさまで、まぼろし国は
皆さんの心の中に、少しずつ広がってきているようです。
私は
「自分が自分で良かった」と思えることや、
「なくしたもの、手にしたものは何だろう」と深く考えること、
「誰にでも、それぞれ痛みや苦しみがあるのだ」と
お互いに思い合うことの大切さを
「まぼおは」の活動をとおして、発信したいと思っています。
ハヤブサさんにその気持ちが伝わって、
とっても嬉しいです!
そうしたことを、
「双方向バリアフリー」という言葉を作って発信しているので、
ぜひそちらもチェックしてみてみてくださいな!

最近、茶豆は、
ひとの死について、深く考える機会がありました。
この世は不平等で、生きていたくないと思うくらい
苦しいことがあるのも事実です。
でも、誰もが突然、病気や事故や災害などで
さよならも言えずに亡くなってしまうかもしれません。
だから
死ぬまでは生きているのだから、
それまでの日々を大切にしたいと思っています。

あら、生と死だけは、誰にも平等に
与えられているんですねぇ~
ではまた、まぼろし国でお会いしましょう!

追伸:ハヤブサさんのアドレスに送信したのですが、
unknown userとなって、送信できませんでした。
受信拒否の設定になっている可能性があります。
茶豆のGmailのアドレスを
受信できるように設定しておいてくださいね!

ではまた、メッセージお待ちしておりま~す!
(*´▽`*)

茶豆和菓子

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

スポンサーリンク

ラベルリスト